医療脱毛のメリット

脱毛には医療脱毛と光脱毛があります

クリニックやサロンなどで脱毛することが可能ですが、脱毛には種類があり、それぞれに特徴があります。脱毛はどこで行っても同じような印象がありますが、大きく種類を分けると、医療脱毛と光脱毛に分けられます。 クリニックなど医療機関で手入れが可能なのは医療脱毛です。医療脱毛は医療行為にあたるため、有資格者がいる医療機関でのみ受けることができます。医療用レーザーは光脱毛と比べるとパワーが強いため、部位によっては施術中に痛みを感じることもありますが、医療機関なので麻酔クリームを塗って施術することも可能です。光脱毛は、エステサロンなどで施術ができます。使用しているレーザーのパワーが医療用レーザーよりも弱いため、施術中に殆ど痛みを感じるはことはありません。各サロンで研修を受けたスタッフによる施術で、脱毛後のケアは自社製品の保湿ケアを行っているところもあり、脱毛後の肌が綺麗になることが期待できます。

脱毛に終わりがあるのは医療脱毛

医療脱毛には医療用レーザーのパワーが強く、部位によっては施術中に痛みを感じるというデメリットはありますが、メリットもあります。メリットのひとつに少ない脱毛の回数や期間で脱毛を完了することができるということです。 医療脱毛はレーザーのパワーの強さがデメリットに感じることもありますが、パワーが強いため脱毛回数は5~8回、施術に通う期間は約1~2年で完了することが可能になるのは大きなメリットと言えます。光脱毛はレーザーのパワーが弱く痛みを感じることは殆どないのですが、回数は12~18回、期間は2~3年は必要になり、毛質などによっては20回以上サロンに通う必要もあります。医療脱毛は、少な痛みで快適に脱毛できるよう医療用レーザー脱毛機も進化しつつ、確実に終わりがある脱毛ができることもメリットと言えます。

リモートワークで、オンライン会議の機会も随分増えました。モニターに映るのは顔がメインのため、以前よりも髭に目がいくことも多いです。メンズ脱毛エステなら、気になる髭にアプローチできます。